省エネ化・補助金活用を革新、「利益の確保」「競合との差別化」「顧客満足度向上」につなげる省エネコンサルティング
株式会社エコと省エネルギーサポート(旧:えねサポーター)

業務内容:エネルギー使用合理化、省エネ/省電力補助金、建築物の省エネ・省CO2化などの省エネ補助金活用を複合した省エネコンサルティング、
     省エネ診断業務、設備エンジニアリング支援、省エネ関連情報発信(省エネ・補助金活用セミナー開催、補助金活用方法の紹介、etc)
     事業再構築補助金/ものづくり補助金など、経営計画系の補助金申請のコンサルティングも可能!補助金のワンストップサービスを実現しています。

全国営業範囲!お気軽にお問合せ下さい

049-298-4705
営業時間
9:30〜18:00
定休日
土・日・祝日

第1章:省エネと補助金制度の基礎知識

省エネという言葉で一番に思いつきそうなものはエアコンの設定温度変更や照明のON/OFFでしょうか。

実際に家庭レベルだと効果は出てくるのですが、工場やビル、病院、スーパー、その他、事業施設ではそう簡単に数字に見える効果を出すことはできません。

実際に運用面だけの改善では効果がほとんどないだけでなく、現場の方はむしろ面倒とさえ思うかもしれませんし、空調を弱めたことによる暑さなどで、不快指数やストレスの増加も招いてしまいかねません。

 

しかも、比較材料はおそらく前年の同時期とか、過去の電気代になるはずです。悲しいことに設備は徐々に老朽化し、それに合わせて効率も少しずつ落ちていくので、運用方法の改善だけでは効果が出てこないといったケースがほとんどです。

 

 

…ではどうすればよいでしょうか???

 ⇒それには高効率設備や計測制御システムの新規導入や更新が不可欠です。

 

日本の経済成長に合わせて作られた工場や施設の設備は15年・20年・あるいはそれ以上の時間が経過しており、老朽化が進み、すでに寿命を迎えている設備も数多くあります。

しかしながら設備を更新するには設備投資費用(お金)が必要です。

また、仮に十分な設備投資費があったとしても、エンジニアリング会社や施工業者に合い(競争入札)に出す場合はコスト競争あるため、知らず知らずのうちに安価で高効率ではない設備を導入されているケースも多く見受けられます。

高効率でない設備を導入した場合、せっかくの投資を行ってもランニングコストの改善には繋がりませんので、この先の数十年を見据える上でも重要なファクターとなります。

 

そこで各省庁から出されている「補助金制度」に着目します。

 

この補助金制度を活用することで、設備導入・更新にかかる費用(イニシャルコスト)実質的に下げることが可能となり、事業者様のご負担を軽減することができます。
また、高効率設備を選定することでランニングコストの削減にもつながります。

 

しかしながらこの補助金制度を活用するには少々複雑な申請業務を行う必要があります。また、補助金の採択率もメジャーなものだと50%程度となっており、せっかく長い時間をかけて手掛けた申請書類も審査で落とされてしまえばアウト。

 

審査はまさに一発勝負ですので、採択されなければ何も得られません。そこで経験やノウハウをフルに活用していくことが望ましいと言えます。

補助金制度の活用にはスケジュール管理も重要です。
公募が開始されてから準備を始めるのではスケジュールに間に合いませんので、基本計画や予算化など、極力早い段階でご相談下さい。

  • 1
    ご相談から個別ヒアリングなど、着手前のお打合せは"完全無料"です
  • 2
    簡単なご質問から実践的な部分まで、皆様のお悩みにお力添えいたします


お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
049-298-4705

サイドメニュー

ごあいさつ

代表取締役 吉田 哲也

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。